トップページ > けが人・病人発生時の対応 救急車の頼み方

けが人・病人発生時の対応、救急車の頼み方

けが人・病人発生時の対応

@ 歩ける場合は、保健管理センターへ339-3153 (月〜金 8:30−17:15)

サンプルイメージ

   患者収容・応急処置・診察   >>保健管理センターへの案内図
   外部医療機関への手配
   救急車の手配
   車椅子、担架設置
   各学部、人事・労務課及び学生支援課に連絡

A 意識が無い場合、大量出血等明らかに重症で急を要する場合

  迷わず直ちに救急車を呼ぶ 外線 局番なしの 119  救急車の頼み方

B 意識はあるが歩けない場合など339-3153 (月〜金 8:30−17:15)

  意識はあるが歩けない場合や、判断に困る場合は、保健管理センターに連絡する。
   医療スタッフが、状況を聞いた上で判断し、指示やお願いをする。

C 夜間・休日の場合

 1.重症の場合は直ちに救急車を呼ぶ  外線 局番なしの119  救急車の頼み方
  2.軽症の場合は外部医療機関・情報センター(横浜市内)を受診・利用する。

横浜市救急医療情報センター 電話: 045-201-1199

 *365日、24時間、電話で病院や診療所の案内を行っています。

横浜市夜間急病センター(内科・眼科・耳鼻咽喉科) 電話: 045-212-3535

  桜木町駅からすぐの建物です。診療時間は、毎日20時から24時となっています。
    住所: 横浜市中区桜木町1−1

横浜船員保険病院 電話: 045-331-1251

  大学の西門から歩いて10数分の病院です。 
   救急外来に電話をして受診が可能かどうか確認してから受診してください。
    住所: 横浜市保土ヶ谷区釜台町43−1

保土ヶ谷区休日急患診療所(内科) 電話: 045-335-5975

  相鉄線天王寺駅から徒歩10分です。
   診療時間は、日曜日・祝日・年末年始の10時から 16時です。
    住所: 横浜市保土ヶ谷区天王町1−21  

神奈川県医師会中毒情報相談室 電話: 045-262-4199

  *365日、24時間、電話で対応しています。

精神科救急医療情報窓口 電話:045-261-7070

  但し、精神科医療機関に通院されている方は、まずかかりつけの医療機関にご連絡ください。
    17:00〜翌朝8:30(受付は翌朝8:00まで)
    土・日・祝日:8:30〜翌朝8:30(休日の翌平日朝は8:00まで受付)

ページトップへ戻る

救急車の頼み方 まず、落着いてください

外線 局番なしの 119   あわてず、次のことをつたえる

状況は? 事故か病気か
容体は? 意識はあるか
場所   正確に伝える (例) 保土ヶ谷区常盤台79−1
                 横浜国立大学 ○○学部 ○○棟 ○階 ○○室


■大学正門守衛所 339−3210 に救急車を要請したことを連絡し、救急車を誘導してもらう。
■救急車のサイレンが聞こえたら、誰かが外へ出て合図をして、車を誘導する
■夜間は懐中電灯を振って知らせる。
■到着までに同乗者を決めておく
■出来れば健康保険証、若干のお金を持って行く
第一発見者が教職員の場合 → その教職員が各部局長に事故報告書を提出する。
第一発見者が学生の場合 → その学生が学生支援課に行き、事故報告書を記入し提出する。

ページトップへ戻る

救急カバン等の貸出について

Copyright(C) 横浜国立大学 保健管理センター All Rights Reserved.